岐阜県で賃貸物件を探そう!

岐阜県は日本の中央あたりに位置しており、川や山に囲まれた自然溢れるところです。北部の飛騨地方は平地はわずかしかなく、ほとんどは御嶽山、乗鞍岳など標高3000mを超える山岳地帯になっています。一方、南部の美濃地方は低地面積が広くて濃尾平野が広がっており、木曽三川(木曽川・長良川・揖斐川)が流れています。
岐阜県は昔から「飛山濃水」といわれ、数多くの名水があります。岐阜市の達目洞や郡上市の和良川など、岐阜県では4ヶ所が環境省の選定する「平成の名水百選」に選ばれているのです。

毎年、東洋経済新報社が公表している「住みやすい街ランキング」では、2012年に本巣市が4位、美濃加茂市が20位と、岐阜県から2つの市が20位以内にランクインしました。全国787市と東京区部全体を対象としているのですから、20位以内に岐阜県が2つも入るのはすごいことです。
本巣市は2009年のときに1位に選ばれており、岐阜県のなかでも住みやすい街として知られています。水と空気がきれいで緑も多く、自然環境に恵まれた街で、源氏ボタル生息地でもあります。その一方で、岐阜市に隣接しており、モレラ、リバーサイドモールなどの複合施設や医療・教育も充実しています。自然に恵まれているだけでなく利便性なども良いというところが住みやすいとされている理由のようです。
20位に入った美濃加茂市は、岐阜県で一番雪が降らない場所として知られており、農業や工業が盛んで、子育て支援に力を入れています。定住外国人が多いといわれていますが、定住外国人が多い街は日本人も住みやすいということなのかもしれません。
他にも岐阜市や瑞穂市など、岐阜県には住みやすい街がたくさんあります。

そんな岐阜県で暮らそうと思ったとき、みなさんはどんな物件をどのようにして探しますか。自分のライフスタイルに合った物件やこれだけは譲れないというこだわりがあったりする人が多いかと思いますが、物件探しは時間がかかりますし、探すのに一苦労です。
今回は岐阜県の賃貸物件をお探しの方へ、物件探しのポイントや家族におすすめの賃貸など詳しくご紹介します。ぜひ、参考になさってみてください。

このページの先頭へ